昨日の、2014年冬春モデル発表会当日は、都合によりチェックしに行く事ができませんでしたが、
本日ドコモショップ丸の内店に行けたので、触ったり写真を撮ったりしてきました。

IMG_0012
ずらっと並ぶ四台。
白モデルだけ、ベゼルの色が違います。

◎新色登場!
DSC_0374
色は、White、Black、Copper、Silver Greenの四色。
こちらが新色のCopper(左)と、Silver Green(右)です。

DSC_0375
CopperとiPhone 5sのGoldとの比較。
Z3の銅色の方が、5sの金色よりも落ち着いており、大人びた印象。
派手さは感じませんでした。

新しい二色は、悪くはないのですが、わりと地味めな印象。
Z2までよりも、より多くのシチュエーションで使えるようになったのかな、とは思いますが、
Zシリーズのシンボルカラー(だと思っていたのですが…、)
パープルモデルが無くなってしまったのが寂しいですね…。


◎外観
単体での正面図を撮り忘れていたので、いきなり側面です…。

・上
IMG_0055

・下
IMG_0060
下側は何もありません。

・右
IMG_0054
電源ボタンに段差が無くなって、少しツルリとなりました。
押すときに必要な力も、以前より減った感じがします。

・左
IMG_0052
ストラップホールはこちらです。

・角
IMG_0062
角はこんな感じ。
フレームと画面との間の段差が全くありません

側面の角ばりが取れて丸くなり、全体的にツルっとしています。
夏モデルで出ていたA2を大きくした感じですね。
持ちやすさは格段に上昇
デザインのために犠牲にし、今まで見て見ぬふりしていた部分ですね。
これは重要な改善ポイント。

何かと嫌われているdocomo Xiロゴですが、背面中央に移動しました。
前面から見ると、グローバルモデルと同様の外観となります。
これには、一部の人達から大きな歓声が上がったのでは…(笑

あと、キャップにも金属素材を利用しているのか、頑丈そうな印象でした。

総合的に見て、Z2よりは好きです。
あちらはツートンカラーが目立ってましたし…。
無駄な要素を排除する、いい流れだと思います。


◎サイズ感
IMG_0031
Z3(左)、Z1f(右)です。
相変わらずでかいですね。画面サイズ自体はZ2から変化無しの5.2インチです。

IMG_0032
こんな感じ。

IMG_0014
先ほども挙げましたが、でかいですけど結構持ちやすいです。
サイズ感的にはZ1,Z2とさほど変わりません。


◎まとめ

ソフト面を細かくチェックしていないのでアレですが、
Z1以来、あんまり変わってないかなぁ…、という印象です。
デザインが似ていることもありますが、
Zシリーズも四代目ともなると、軽く触っただけでは新鮮さが感じられませんね…。

大きな変化としては、
・本体のみでのハイレゾ音源再生に対応
・PS4のミラーリング機能
などがあり、
それ以外は、ソフト面での改善が主なものとなっています。
カメラアプリが増えていたり、(自撮り機能の強化がメインです)
ランチャーがちょっと変わっている事に気付きました。

少し触っただけで判断するのは早いかも知れませんが、
Z3に関しては、使い込んで良さがわかる機種なのかなぁ、と思いました。
初めてZ1を見た時のようなワクワク感が、次世代では欲しいですね。
何だかんだ、デザインでの新しさに惹かれる部分って結構多いので。

また改めて触る機会があれば更新します!