昨日に引き続き、最新Xperiaのレビューです。
本日12時発表のdocomo2014夏モデルの中でも、
特に注目を集めているのが、Xperia Z2 SO-03Fではないでしょうか。

実は、全国のドコモスマートフォンラウンジにて、本日から最新機種の展示がされているとのことで、
早速触って来ました!


◎会場
image
こちらが、東京丸の内にあります、ドコモショップ丸の内店です。
スマートフォンラウンジは現在改装中とのことで、隣接するドコモショップ内で展示は行われていました。


◎ブース
DSC_0402
こちらがXperia Z2のブースです。
こんな感じで横一列に最新機種が並んでいます。
隣に見えるオレンジ色の端末はXperia A2 SO-04Fです。


◎外観
・前面
11
Xperia ZL2と同じで、前面の上下にデュアルスピーカーを搭載しています。
ただ、ZL2より大きい5.2インチの液晶を搭載しているので、迫力はZ2の方が上です。

・側面
DSC_0399

DSC_0398
側面が完全にツートンカラーになり、メタリック感がグッと増しています。
これは…、好みが分かれそう。

・背面
DSC_0401
高級感あるガラスパネルが嵌まっています。
Z1よりは、少しのっぺりした感じの印象。
どちらかと言うとZ Ultraの背面の感じに近い気がしました。
色は、ブラック・ホワイト・パープルのいつもの三色です。


◎機能チェック

ソフト面も、おそらくZL2とほぼ同じで、
手ぶくろモード、タッチで起動機能の搭載、
4Kビデオ撮影機能、背景ぼかしカメラ搭載などが目立った点かと思います。

今回試していませんが、ノイズキャンセル機能、ハイレゾ音源対応なども大きな変更点となっています。


◎視野角をチェック
Xperia Z1f(IPS液晶)と比較してみました。
どちらも明るさは最大に設定しています。

・正面
DSC_0025
映り込みが激しくてすみません…。

・横
DSC_0026

・縦
Z2
ご覧の通り、どの角度から見ても綺麗な発色が得られています。
液晶の品質は過去のXperiaの中でも最高レベルかも知れません!


◎Xperia Z2でもES22が使えました!

昨日、Xperia ZL2 SOL25でES22(Xperia Z Ultra専用タッチペン)が使用できることを確認しましたが、
本日確認してみたところ、Z2でも同様に使えました。

これは、Z2とZL2が、Z Ultraと同様の高感度タッチパネルを採用しているからのようです。
字も書いてみましたが、線が途切れることも無く、スムーズに書くことが出来ました。

最新Xperiaを検討されている方は、要チェックです。




ちなみに、Xperia A2 (SO-04F) では使用不可でした。


◎触ってみた感想
大きさの割に軽いな、と言うのが初めの印象でした。
実際163gと言うことで、171gのZ1と比較するとはっきり体感できるレベルで軽くなっています
ただ、ZL2は素材がプラスチッキーで、なおかつ軽かったので違和感はありませんでしたが、
Z2はメタリック感が高い見た目の割に軽く、ちょっと変な感じがします。
軽いのはいい事ですが…。

液晶は本当に素晴らしいです。
IPS液晶採用ということで、白の発色がとても綺麗です。
また、バックライトも十分以上の明るさがあります。
屋外でも見やすいのでは…。試してみたいです。

動作は、言う事無しでサクサクです。
ただ、Z1と比較した時にそこまで差が出るかというと、
そこまで体感的には変わらないのでご注意ください。

発売は5月下旬とのことで、間もなく全国のドコモショップにも展示機が置かれると思います!
気になる方はぜひ、触りに行ってみてください。


◎その他の気になる機種
DSC_0407
ドコモもシャープの機種は、超本気の布陣です。

DSC_0408
AQUOS ZETAも、AQUOS PADも、非常にベゼルが細く作られており、
液晶しかないくらいの感じです。


DSC_0411
ARROWS NX F-05F もかなりいい感じでした。

UIの完成度が、今回の新機種の中では群を抜いて上を行っている印象です。
ただ、ARROWSシリーズとしては珍しく、スペックで他社にやや劣る(RAM2GB)のが難点。

特製ATOKのSuper ATOK ULTIASを搭載しています!

今までのARROWSの中では、一番欲しいと思った一機でした。