先日、販売国が11ヶ国拡大された(日本は含まれず)というChromecastですが、
まだ発売していないにも関わらず日本語に対応したとのことなので、この機会に購入してみました。

(国内発売が近いというサインなのかも知れませんが、どうせ待ちきれないので気にしません)

購入経路は何のひねりもなくヤフオクです。
3980円という、比較的良心的な価格で新品が入手できました。

以下、開封の儀へと続きます。



そもそも、Chromecastってなんぞ?
という方のために、簡単に説明します。

・Chromecastって、どんなデバイス?
Chromecast
これがChromecastです。
USBメモリのような外見で、本体にはHDMI端子とmicro USBポート(給電用)くらいしかありません。
このHDMI端子をテレビに直接差し込んで映像を表示します。
しかし、Chromecast本体には記憶領域が無いので、他の端末と連携することが前提となります。


・Chromecastでできること
castapp
PC上のChromeブラウザ、もしくはスマートフォン上のアプリと連携して、
再生したいものをChromecastに転送できます。(ざっくり言うと)
本当はもうちょっと制約もありますが、あんまりここで長く説明しても仕方ないので、次に回します。



開封の儀


1)外箱
まずは外箱から確認しましょう。
DSC_0284
こちらが表。

IMG_20140328_004121
こちらが裏。
Nexus 5使ってますね。


2)内箱
IMG_20140328_003259
Google製品(Nexusシリーズとか)にありがちな鮮やかな色合いです。

IMG_20140328_003328
開けるとすぐに本体とご対面。

IMG_20140328_003805
重箱式に、下にも色々入っていました。


3)内容物
IMG_20140328_003923
・説明書
・micro USBケーブル
・給電用アダプタ
・HDMIケーブル(延長用)
・本体

内容物はたったこれだけです。

基本的に給電はTVのUSBポートから行うよう想定した設計になっているのですが、
それができない時のために、アダプタが付属しています。

延長用HDMIケーブルは、Chromecast本体が大きすぎてTVに刺さらない時のためにあります(多分)。


4)本体
IMG_20140328_003450
小さいです。

IMG_20140328_003643
こちらが給電用micro USBポートです。
開封時点ではしっかりシールで守られています。
micro USBポートのすぐ右側に電源ボタンがありました。


以上。

開封の儀はここまでとして、
次は実際の使い方ですが、記事が長くなりそうなのでここで一回区切ります。

※3/29、追記完了しました。
Chromecast使い方編



2014年5月28日、国内でも発売!